まつげエクステやネイリストになる~ロードトゥプロフェッショナル~

Education

アイリストと現在

アイリストの需要はうなぎのぼりです。 まつげサロンが次々と新規開業し、常に人材の募集が続いている状況です。 なお、アイリストになるには美容師の資格が必要です。 以前、まつげエクステやまつげパーマが開発された当初は、何の資格も持たない人がこれらの施術を行っていることが少なくないとされていました。 しかし、目という敏感な部分に薬剤を使用することから、細心の注意が必要とされ、そのため現在では国家資格である美容師免許の取得が必須となったのです。

アイリストに必須とされる美容師免許は、美容師の専門学校に入学し、美容に関する基本的な知識と技術を学ぶことが必要です。 専門学校を2年もしくは3年間通い、卒業する前に国家試験を受けて晴れて合格すれば美容師免許を取得することができます。 ただし、美容師の資格を取得してすぐアイリストとして一線に立つことは難しいとされています。 これは、専門学校のカリキュラムにまつげエクステやまつげパーマに関する授業がほとんどないからなのです。 専門学校では基本的にヘアメイクについてを学ぶため、在学中はこれらのまつげケアを勉強する機会はほとんどないのです。 そのため、以前はまつげサロンに就職してから先輩たちの見習いに付き、一からまつげエクステやまつげパーマの技術を学ぶことが慣例でした。 しかし、現在ではより早く一線に立つことが求められていることから、多くのアイリストは養成スクールに入学し、そこで技術を学んでいます。 養成スクールは、より専門的に学べることもあって、今後ますます需要が高まるとみられています。